HOME>トピックス>激安とは違うディスカウントがウリになっている

プライベートブランドを選ぶ

とんでもなく安い驚安は、総合ディスカウントストアにて謳われているサービスです。24時間体制で様々な商品を提供しているだけあって、若者やインバウンドに利用されています。激安と驚安の違いを消費者も理解し、得する選び方を知りましょう。例えば、インバウンドという内容から、物価上昇による買い込みをしたいのなら、ナショナルブランドに着目せずに『オリジナル商品』に着目しましょう。これこそ、激安との違いで、消費者ニーズへの対応になります。いわゆるプライベートブランドですが、例えば、輸入ワインは輸送コストもかかるので、激安にもなりにくい商品です。プライベートブランドなら全体コストも抑えられ、ニーズに対応したワインのみを作るので驚安で提供されるようです。

保証という基準

便利で安さも提供している総合ディスカウントストアでの驚安の基準としては、価格をチェックするよりも『保証』を基準にしましょう。特に、時期的な商品は在庫を抱えたくないからこそ売りつくしたいのが本音です。激安だけでも疑わしく感じられるのに、驚安ですから保証つきであるのが利に適っています。例えば、地域最安値保証は、その地域で一番の安さに挑戦しており、他店を圧倒する価格を掲げています。他店より一円でも高いのなら、チラシを持参するだけで値下げという交渉もできる、そうしたサービスも展開されています。特に着目すべきは、売れ残りが心配になる時期的商品ですが、クーポン、商品券などで割引対象外となる商品も比較の基準におきましょう。

広告募集中